スポンサーリンク

[VisualBasic]回数や条件による繰り返し基本ループ処理

VisualBasic辞典

VB.net/VB2017/VB2019

繰り返し処理を行うループ処理

繰り返しの処理を行う場合には、色々なループのステートメントを使います。

繰り返しの回数指定するFOR文

For カウント変数 = 開始値 to 終了値
  繰り返し処理
Next

開始値から終了値までの回数ループして繰り返し処理を行います。

使い方の例

Dim intX As Integer = 0  '計算用の変数

’カウンタ変数が0〜5まで繰り返し
For i As Integer = 0 to 5
  '足していく
  intX += i
Next

カウンタ変数の「 i 」はループの中でだけ使用できます。

 

条件に合う場合に繰り返しするDo While文

Do While 条件
  繰り返し処理
Loop

条件がTrue(真)の場合は繰り返しを行い続けます。

使い方の例

Dim intY As Integer = 1

'9より小さい場合、繰り返し
Do While intY < 9
  MessageBox.Show(CStr(intY) & "回目の繰り返し")
  '値を一つ増やす
  intY += 1
Loop

条件が最初からFalse(偽)の場合は繰り返し処理を行いません

 

条件に合わない場合に繰り返しするDo Until文

Do Until 条件
  繰り返し処理
Loop

Do While文とは反対に、条件がFalse(偽)の場合に繰り返しを行います。

使い方の例

Dim intZ As Integer = 20

'値が10より小さくなかった場合、繰り返し
Do Until intZ < 10
  MessageBox.Show("まだ大丈夫")
  '一つずつ減らす
  intZ -= 1
Loop

こちらは条件が最初からTrue(真)の場合は繰り返し処理を行いません

 

さいごに

今回は基本的な3つのご説明をしましたが、これ以外にも繰り返し処理を行う構文はあります。

繰り返し処理を途中で抜けたり、次の周へスキップする方法はこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました