スポンサーリンク

[VisulaBasic]配列のコピーするCloneとCopyTo()

VisualBasic辞典

VB.net/VB2017/VB2019

配列をコピー

全く同じ内容の配列をもう一つ(クローン)作りたい時は配列のCloneメソッドを使います。また、コピー先の配列の一部分としてコピーする時はCopyTo()メソッドを使います。

同じ内容の配列を作るCloneメソッド

メソッドの名前がクローンと言うように、全く同じ内容の配列を作ります。

コピー元配列.Clone

使い方の例

'コピー元の配列
Dim sNameOld() As String = {"鈴木", "佐藤", "木村", "高橋"}
'コピー先の配列。要素数は指定しない
Dim sNameNew() As String

'内容を全てコピー
sNameNew = sNameOld.Clone

 

 

開始位置を指定してコピーするCopyTo()メソッド

コピー先配列のどの部分にコピーするかの開始位置(インデクス)を指定して使います。

コピー元配列.CopyTo(コピー先配列, 開始位置)

使い方の例

 

'コピー元の配列
Dim sNameOld() As String = {"鈴木", "佐藤", "木村", "高橋"}
'コピー先の配列。0~5のインデックスで作成
Dim sNameNew(5) As String

sNameNew(0) = "太郎"
sNameNew(1) = "次郎"

'コピー先配列のコピー開始位置をインデックス2へコピー
sNameOld.CopyTo(sNameNew, 2)

'配列先の内容は"太郎"、"二郎"、"鈴木"、"佐藤"、"木村"、"高橋"

 

まとめ

配列には他にも色々な操作をするメソッドがあります。

配列の並び替えをするメソッド

配列をクリアするメソッド

 

タイトルとURLをコピーしました