スポンサーリンク

[VisualBasic]条件によるIF文の分岐処理

VisualBasic辞典

VB.net/VB2017/VB2019

条件により処理を分岐するIF文

条件によって処理を分岐したい場合にはIf文のステートメントを使います。

条件を満たした場合に処理を行う

If 条件 Then
  条件を満たした場合の処理
End If

一つの条件を満たした場合にのみ処理を行いたい場合に使用します。

使い方の例

'txtBoxAが未入力でない場合
If txtBoxA.Text <> "" Then
  'メッセージ表示
  MessageBox.Show("テキストボックスの値は" & txtBoxA.Text)
End If

 

条件を満たす場合とそれ以外の処理を分ける

If 条件 Then
  条件を満たした場合の処理1
Else
  条件を満たしていない場合の処理2
End If

条件以外の場合というのは Else を使用します。

使い方の例

'txtBoxAが未入力の場合
If txtBoxA.Text = "" Then
  'メッセージ表示
  MessageBox.Show("値を入力してください")
Else
  'メッセージ表示
  MessageBox.Show("テキストボックスの値は" & txtBoxA.Text)
End If

 

複数に条件を分けて、それぞれを満たす場合の処理を分ける

If 条件1 Then
  条件1を満たした場合の処理1
ElseIf 条件2 Then
  条件2を満たした場合の処理2
Else
  どの条件も満たしていない場合の処理3
End If
  • 条件1を満たした場合は、処理1を行います。
  • 条件1を満たさず条件2を満たした場合は、処理2を行います。
  • 条件1も条件2も満たしていない場合は、処理3を行います。

使い方の例

'txtBoxAが未入力の場合
If txtBoxA.Text = "" Then
  'メッセージ表示
  MessageBox.Show("テキストAを入力してください")
ElseIf txtBoxB.Text = "" Then
  '
  MessageBox.Show("テキストBを入力してください")
Else
  '
  MessageBox.Show("値は" & txtBoxA.Text & "と" & txtBoxB.Text)
End If

 

タイトルとURLをコピーしました